指の荒れを治したい【手が荒れない3つの方法】

指の荒れを治したい【手が荒れない3つの方法】

光に包まれる手

冬の水仕事や屋外の作業などで指や手が荒れることがありますよね!

今回は視点を変え、手が荒れない方法を3つご紹介したいと思います。

1、手が荒れる原因となっている作業があるのであれば【その作業を見直す】

手荒れは様々な原因が複合された結果であると考えてみます。

その原因のひとつに作業自体があり、多くの場合作業中に力みすぎている無駄な動作が多い姿勢が悪い呼吸が浅い考え事をしながらの作業で作業自体に集中できていない、といったことが考えられます。

もしこれらの事にひとつでもあてはまるのであれば、思いついたものから意識して作業の仕方を変えてみて下さい。

力みすぎているのであれば、力を抜いて気持ちよく作業をする。

無駄な動作が多いのであれば、無駄を把握してひとつひとつの動作を意識的にしてみる。

姿勢が悪いだけでも全身への血行が大きく変動します。自分自身の真ん中を意識して座っているのであれば骨盤を立て、立っているのであれば両足でしっかりと立ち肩の力を抜いてみる。

呼吸が浅いのも全身の生理機能が低下するので意識して深い呼吸を心がける。

考え事、悩み事があるのであれば落ち着ける場所で不満を書き出し破って捨てるだけでも考え事を減らす事が出来ます。

2、水仕事で手袋を使っている場合手袋そのものにアレルギーを起こしている可能性も検討して手袋(環境)を変えてみる

問題を感じるのであれば、どうしても変えられないもの(環境)を変えてみるという方法も効果的!

また、問題の原因は別なところにある、ということはよくある話しです。

水仕事の場合、もしかしたら手荒れ防止のために使用していた手袋が自分に合わなかっただけ、という可能性も考えてみましょう。

人はひとりひとり違うので、何か合わないものは誰でもあります。

言ってみればアレルギーを持っていない人はいないといっても過言ではありません。

道具(環境)を見直す事も忘れないで下さい。

3、体の問題を解決するための最もシンプルな方法【食事】について考えてみる

体をつくるのは、もっともシンプルに考えるのであれば【食事】ですね。

もしかしたら直近の食べすぎが手荒れの複合原因のひとつかもしれません。

体のどこに不調が起きていても、まずは食事について考えてみるのも問題解決の早道になります。

簡単に出来る事は3つ。

 

・一日二食目標で食事の量を少なめにする

・出来るだけ手作り献立中心に

・素材の味を感じられる食事を選択する

 

健康があってこそ、全ての物ごとを楽しく感じる事ができる。

手荒れをきっかけに健康について少しでも考えられたらいいですね!

タイトルとURLをコピーしました